しら月堂のいろ鳥どり

大好きな鳥と色のこと他、色々の気になるネタを選り取りみどり書いてみます☆

遺書その2

課題の遺書について
まだ完成していない

ふわっとかけるものなのか
数日寝かせてみたけど
答えが出なかったので
ここはGoogle先生に聞いてみる。

…どうやら
遺書とは
自ら死ぬことを前提に
書くもののようだ

私にまだ、死ぬ予定はない

突発的に死ぬという
誰でも持ちうる可能性によってしか
自分の死は考えられない

今日、たまたま餅を喉に詰まらせて死ぬかもしれない
餅でなくても
詰まらせなくても、
誰でもあっという間に
死ぬかもしれない、

そんな平等な条件下で
遺書を考えてみる

私が大切な人へ宛てて書くなら
私が消えてなお、
その人が健やかに、幸せに、その人らしく、
その人の人生を全うしてほしいと思う

願わくば悔いなく
そして願わくば、私が存在していたことを喜んでもらえたら。

私の存在が、その人らしさを力付けるようなものであったら。

言うことないのかもなぁ。

それとそれと、
一緒に過ごした思い出でいつまでたっても思い出し笑いができるようだったらなぁ!

うん、少しかける方向性が見つけられたかも?