しら月堂のいろ鳥どり

脳内整理と断捨離のため、徒然に

習慣のチカラ

私には、
やらなければならないことと、
やらなくてもいいこと、
しかないのだ、と食器を洗いながらふと思う。

明日、同僚の結婚式で挨拶をする、といううちの人にも、
今日はやらなければならないことがある。

靴磨き、
衣装準備、
ご祝儀袋の準備、
ネクタイのアイロンがけ、
挨拶の練習…

どれも今日中に、必須だね。


私の場合はどうなのだろう。

食器洗い、
洗濯、たたみ方、
片付け、
トイレ磨き、
机の上掃除、
床掃除、
鳥の世話、
勉強、
仕事の準備、
明日の食事の準備、
…どれも必須だね。
けど、明日でもいいものもある。

私の場合、この、明日でもいいってところがポイントで。

明日でもいい、は今日でなくてもいい、ということ…ということで、先延ばししてオッケー。
…なんだけど、いつまでも先延ばしするわけにいかないことだから、今日やらなくてもいいことをやらないというチョイスがね、それが難しい。
今日やることを選ぶ、ということだからね。
うーん、でもどれも必須じゃん?

とすると、日常仕事はなるべくコゴトにして(おおごとにしないで)、毎日やるのがいい、というのが、そのココロなのだろう。

そして、たとえ毎日やれない日があっても、責めずにスルーする。
また今日から毎日、コゴトをやっていく。

習慣を身につける、というのは、
簡単でいて難しくて、奥が深いと思うのです。

それでいてとっても身近で、是非とも味方につけたいのが、この習慣のチカラ。

今年はこの習慣力を自在に普通に使えるようになるぞー。

…と、山のようなやるべきことを目の前にして、思う夜。


(しら月堂)