しら月堂のいろどりみどり

大好きな鳥と色のこと他、色々の気になるネタを選り取りみどり書いてみます☆

追い追われる

その人が関わらなければずっと変わらず、一定に流れているのに
その人がふと関わった瞬間から、伸び縮みするのが時間。

朝のゴールデンタイムは素晴らしいものだが
その余韻に浸っているとあっという間に消えてしまう。

今朝は仕事を休んでハイキング。
同行するメンバーとの待ち合わせ時間に合わせるため、仕事より早い時間に家を出る。

急いでいるときこそ、
普段の生活の優先順位付けが大事なのだと実感する。

いま、この瞬間、これをする時間はあるか?
できるのか?
必要なのか?

一瞬一瞬が取捨選択の連続。
私の周りだけ、一人戦争になるのだ。

学生時代からの癖で、なんとかならんもんか、と思うけど
まぁいい歳になっても変わらない。

こういう生活を好んで自ら選んでいるのか、
あるいは諦めがあるのか。

出掛ける前は鳥達に「今日もお留守番お願い」と声を掛けてくる。
挨拶する側の様子をよく見ている鳥達にとっては、一定に安定した時間が流れている気がする。

今朝はいつもと違い、手に投函する予定のハガキを入れたファイルを持っていたので、
だいぶ訝しげな顔をされた。

彼らのいつも通りの様子に、我が身を振り返る朝。