しら月堂のいろ鳥どり

大好きな鳥と色のこと他、色々の気になるネタを選り取りみどり書いてみます☆

同じ服

しら月堂です。 

日本人は、毎日違う服を着なければならない呪縛にはまっているのだそう、と、
先日姉が、このところのファッション研究で得た結果を披露してくれた。

確かに、
先日見た日本人某デザイナーなどは、海外への出張期間中、下着から靴下まで全く同じ(アウターはもちろん同じ)組み合わせの上下セットを4〜5セット用意するのだという。

全く同じ服ではないけど、
姉の研究結果と共通項があるな。と思って興味深くその話を聞いた。

姉の話の趣旨は、
いつも同じ服を着てる、というそしりを受けるいわれはない!というところで
私が見たデザイナーの方の意図は、
ベストだという組み合わせが1つ決まっていれば毎日そのベストな組み合わせを着て、仕事に問題なく当たれるし、毎日の思考にも余計な邪魔が入らず無駄がないから、それが一番とのこと。

クローゼットや衣装ケースに入り切らずに
持っている衣装全体を把握できないより、
そういった考えの元、スリムアップしたまとい方、暮らし方というのはなんてシンプルで気持ちがいいんだろう。

振り返って私のクローゼットは…。

でも私の場合、確かに乱雑で全体を把握仕切れてないクローゼットかもしれないけど、
脳みそを混乱させたり、色や形で遊んだり、そういうカオスも楽しんでいるのだ、と思う。

毎日同じ服を着るなんてやっぱり嫌だし
毎日同じデザインの服もどうもしっくりこない。

けど。

だからこそ、お気に入りの服だけに絞って、あまり気分の上がらない2軍3軍落ちのお洋服達にはお礼をして、お別れすべきかもしれない。

そして、お気に入りの服のお気に入りの組み合わせはもっとよく研究すべきかもしれない。

お別れ、は
2軍3軍落ちさせてるくせに、寂しいもの。
これぞ、ザ・ケチ根性かもしれない。

あー難しい。
洋服ってどれだけ擦り切れたら気に入って上がる服だろうと、捨てるべきなのかな〜(;^_^A

今日もお立ち寄りいただきありがとうございます♪ 

お洋服の断捨離が上手な方もの人もそうでない方も、どうぞご自分にとってご自分らしい1日をお過ごしください♡