しら月堂のいろどりみどり

大好きな鳥と色のこと他、色々の気になるネタを選り取りみどり書いてみます☆

ダンダンダン〜

しら月堂です。

ドンキホーテの歌に合わせて
断捨離を推し進めていきたいような12月です。

ダンダンダン、だんしゃ〜
だんしゃ〜あぁり〜♪

…創刊の頃から勝間和代さんのメルマガ会員で、
この頃は好きなネタをやってる時しか読まない、なんて勿体無いことをしてたりもしますが

久々に、
またツボなネタでしっかり染み入りました。

むしろ、今更感すらある、断捨離なんですけれども、
いよいよこれが出来ないと
自分がダメ人間かのような気にさせられる、という、
いわばお尻に火がついた感じです。

☆まとめ:
断捨離の本質は「片付け」ではなく、「モノの囚われからの解放」 。

☆断捨離の目指すところ:
 ・人に会ったときに恥ずかしい格好をしていない
 ・人を呼んでも恥ずかしい家でない
 ・家族が気持ちよく団らんできるスペースがある

☆そのために、
・家に余計なモノが入ってくるのを「断」つ
・家にある余計なモノを「捨」てる
・心に余裕が出て、モノの執着から「離」れる

☆断捨離する際は、「上質世界」なりたい姿、を意識する

☆断捨離して、意志力を「余計なモノと格闘する力」で消耗しない

☆断捨離のメリット
私達の運のほとんどが「人とのゆるやかなつながり」なので
身の回りの状態・・・あなたの心の拡張現実
身の回りがスッキリいい状態だと、いいつながりが生まれる☆

そして、断捨離できることで、
 「自分を信じられるようになる」こともメリット♪

☆断捨離のコツ
「自分がもう、これを使っても生活の質が上がらない」というものは断つ。
生鮮食品でないものも、刻々と「腐って」いる!つまり、入手したときより「使用価値が減っている」ということ。「モノの寿命」を知る。

また、モノを適正に管理をし、生活をし、快適に暮らすために、モノとモノ、モノと自分の間に適切な「空間、遊び」も必要。

なぜ捨てられないのか。
その正体は
「思考の放棄と先送り」要は、考えるのが嫌。
将来を予測するのには、けっこう頭のパワーが必要だからそのパワーを節約したくて捨てられない。ごまかしている。
捨てる力がないからため込む→ため込むから捨てる力が備わらず、ますますため込む
という現実を理解する。


うーん、まとめ、
カッターい感じになってしまった…

年末、いいタイミングでインプットできた情報だと思うので、固いままで残しとこ♪


今日もお立ち寄りいただきありがとうございます♪ 断捨離が得意な人もそうでない人も、どうぞご自分にとってご自分らしい1日をお過ごしくださいマセ♡