しら月堂のいろどりみどり

大好きな鳥と色のこと他、色々の気になるネタを選り取りみどり書いてみます☆

制限というリズム

しら月堂です。

昨年9月に受けたトリニティ、というメソッドによると、
今日からまた新しい20日間が始まるそうなのだが

20日だの、
13日だの、
7日だの、
もっと言ったら1日も
一瞬でさえも!!

時間を様々に区切って、それらがの繰り返しているという考え方は不思議。

始まって終わる。

実際には続いているものなのに
わざわざ区切って制限をつけることで
本当に終わって始まるような気がする。

1年が終わってまた新しい1年が始まったり、
あるイベントが終わって次のイベントまでの時間が始まったり。

ある区切りを
…もしかしたら制限を、と言い換えたらいいのかもしれない。
制限を設けることによって意味を持つもの。

効果的に使えるようになる、実際効果が増すもの。
始まって終わるもの、として受け取ることで意味合いが変わるもの。

なんか、そういうのが
実はたくさんあるような気がするのです。

本当は全てにおいて制限があるように見えて、
それでいて全てにおいて制限など無いような気がします。

なんというか、
明日死ぬと思って生きる、とか
未来永劫生き続けると思って生きる、とか
どっちがいい悪いではなくて

人間というある意味死ぬまでの間生きるという制限を持って生まれてきて、
事実、未来永劫生きることが無いという事実を知っているなか

未来永劫生きられるかのようにダラリと生きるのか、
限られた時間を最大限に活かすぞ、と張り切って生きるのか、

制限を思い出すことによって選択出来るのだな、とこの頃は思っていて、
どちらもいい悪いではなく、どちらでも「選択出来る」ようなのですな。

来た朝はやがて沈み、夜になる。
時間は限られているんだなぁと、歳をとってつくづくとわかるようになるらしい。

そしてやりたいことが明確な人ほど、この事実を自覚していて、時間の貴重さを語るような気がする。
 
この世の春〜♪、みたいに多くを考えず、
ただ浮かれて幸せに、なんとなーく生きていても
成し遂げたい何かが生まれた瞬間から、
突然限られた時間の長さ、短さを思ったり
焦ったりしてしまいがち。

この歳になると
焦っている時間も気になるが
実際、これまでの時間はこの事実に気付くための期間と考えれば致し方無い。

制限に気付いた時から、
選択と集中が始まる。

さぁ、明日何やろうか。
あと50年生きられると思って何を選択するか。
明日まで生きると思って何を選択するか。

伸び縮みしないはずの時間は、
やっぱり伸び縮みしているような気がします。

制限は 
言葉の通り制限があることだけではなくて

メリハリをつけて
今何をしたいか、すべきかにフォーカスさせてくれるマジックになるときもあるようです。

だから、
様々な暦やメソッド達が教えてくれるリズムには、これからも注意して乗っかってってみたいと、今日から始まる20日のスタートに際して思うのです。

今日から始まる20日がどんな風になるのか、スタート日はワクワクする日♪
どんなんなるかな〜(^.^)


今日もお立ち寄りいただきありがとうございます♪ 
暦が制限に感じる人もそうでない人も、どうぞご自分にとってご自分らしい1日をお過ごしくださいませ♡