読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しら月堂のいろどりみどり

大好きな鳥と色のこと他、色々の気になるネタを選り取りみどり書いてみます☆

色について

自分ごと

ごきげんよう。いろどりみどり、しら月堂です。

 

私にとっての色とは、・・・なんてとりとめのない事を考えだし、

またブログアップが滞りそうな予感がある昼下がりです。

 

そもそも、色に興味がまったくない人なんているんだろうか?とか大掛かりなことまで考え始めてしまって全くキリがありません。

 

私が色について覚えている、割と初期の頃の記憶は、

ピンクは女の子っぽい、

ブルーは男の子っぽい、

というイメージな気がします。

 

小学校の中学年くらいになると、この色にひもづいたイメージからか、好き嫌いがハッキリしてきて、なんだか女の子っぽい=私らしくない、かっこわるい、気がして・・・意識的にピンク系統を避けていた気がします。

 

そのころはピンク赤系よりも断然ブルー系を選んでいて、何となくまとまった感が出るグレーや黒、白については大人になるにつれ、増えていった気がします。

 

それがいつの頃か、そもそも色に女も男も無いよね、と思うようになってから、はた、と、あれ?色って何か思考や肉体や感情へ働きかけるものってあるの?とぼんやりとした疑問がわくようになりました。

 

そういう視点を持てるようになってから、色に関する情報が世の中に溢れている事に気付き、興味も増すようになったんですよね。

 

中でも面白いな、と思ったのが、色による鎮静作用と興奮作用。

目隠しをした人が、真っ青の部屋と真っ赤な部屋にそれぞれ入って、体温を測るっている試験だったと思うのですが、真っ青の部屋の人の体温は下がり、真っ赤な部屋の人の体温は上がるんだそうです。

 

他には、怪我した際の包帯の色。白がより健康な状態に持っていくのに一役買っているというのにも驚きました。白い包帯と黒い包帯、治りが違うらしいですよ~。(白はけがの治りを早めてくれるのだそう)

 

そんな知識を入れた後で街中を見渡してみると、そんな風に色から受ける印象を利用して作られているものの多い事!

 

よく知られているのがマクドナルドの赤。ファストフードの代名詞たるマックに来たお客さんは赤い色を見て食欲を増し、赤い壁で急かされ、あっという間に食べて店を去る・・・これで回転率UP!なんだそうです。

 

落ち着いて、誠実な印象を与える青は、銀行などお固いイメージの会社がコーポレートカラーで多様するというし、エトセトラエトセトラ・・・。

 

そんな私がオーラソーマに興味を持ったのは、オーラソーマがイクイブリアムボトルと呼ばれる2色の上下に分かれたボトルを使ってリーディングするものだったから。

オーラソーマは今必要としているボトルがわかったら、更にその色を体にローションとして塗布して使います!)

 

本を読んでドレスセラピーに興味を持ったのは、その人のうまれによって、強みとなる色があり、それを取り入れるとその人の魅力を発揮できるそうだから。

 

これらは色の面白さを発見するいろんな側面の一つで、とにかく色は多面体で奥深い!!!しかも単純明快でわかりやすくっておもしろいんです(^^)♪(だって誰でも色って見てるでしょ?見させられちゃうっていうか。)

 

私が好きな「絵」も大抵「色」がついてるしね〜♪

(絵はモノクロの鉛筆画も版画もイイ☆ 1色なのに色を表現できる濃淡も、「色」なのかもなあ〜と思ったり。)

 

今年はそんな経験から色について学びたいな、って思って、短期のカラーの授業も受けてみたのですが、これまた満足度の高い、新しい知識を仕入れることができました。

(すごく面白かったのでこれについても別の日に振り返りたいと思います♪)

 

振り返ってみると、

私にとっての色って、何か行動を起こすきっかけになるほどパワフルだったり、いろんな側面から興味をわかせて人生を豊かにしてくれるものだったりするんだな、ってつくづく思いました。

 

☆まとめ
私にとっての「色」とは。=好奇心を刺激する「アンテナ」!
 
みなさんにとっての「色」ってどんなものですか?
人の数だけ、色もあるんだろうなあ♪
 
それではごきげんよう♪