読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しら月堂のいろどりみどり

大好きな鳥と色のこと他、色々の気になるネタを選り取りみどり書いてみます☆

双子座新月のお願いと星について

ごきげんよう。いろどりみどり、しら月堂です。


明日(6/5)は双子座新月

…な〜んて内容で書こうと思っていたら、すでに昨日のことになってしまいました(^_^;)

本日、すでに6/6です。書くのが遅いw


みなさんは、いい新月、過ごされましたか?


星の配置がどう、とかが、私にとって気になる存在になったのはいつ頃だっただろう?・・・などと振り返ってみたら、またあっという間に時間が過ぎています。過去を振り返るのは、私のブログ更新作業にとっては鬼門のようですw

 

さて、星が気になりだした時期ですが、震災のあった年くらいからなので、もうかれこれ5年くらいになると思います。


星占い、というものについては、小学校くらいの子供の頃から好きだったんですよね。水瓶座、っていう奇抜な、新しい感じのする私の太陽星座もお気に入りで。

「学研」とか「りぼん」とかに載ってる星占いから始まって、それが「non-no」とか「anan」とか「Hanako」になり「シティリビング」になりしながら・・・脈々と・・・見てましたwビバ・星占い☆

働き始めてからは、時計代わりに「めざまし占い」も熱心に見ていた時期があったかな。


でも、なんとなく楽しめるけれども、それらは本当に、まったくもってただの「占い」だったんですよね。・・・そのただの占いの存在が、2012年の冬に「統計学(!?)」に昇格したのです。

 

その年何があったのかというと、

2012年末当時は、「マヤ暦が世界の終わりを予言してる!」なんて話題でモチキリ、なんて時期で、私自身は「そんなのあるわけ無いじゃん」と思いつつ、私は冬至の日に瞑想ワークショップに参加したんですよね。

そのときに、出会ってしまったのです。星座を便利ツールかのように操る人物に!!

 

お試しワンコイン星詠みアドバイス、みたいなことをすごーくカジュアルにパパパっとやって見せていたのですが、その仕草がスピーディで的確でわかりやすくて、さらにその人の持つ強く明るい雰囲気と、その姿は本当に惚れ惚れするような感じでした。

 

そのときに、星詠みというものが誰かの勝手な予想みたいな、あやふやなものではなくて、本来カチッと理解できるものであることがわかって、「ああ、これはぜったい勉強したら面白いぞ」と確信して今に至ります。

 

ただ、同じシチュエーションや状況に置かれた場合でも、Aさんが受け取る現実とBさんが受け取る現実とが異なって感じられるのと同じように、星詠みも基本の読み方は誰でも共通していても、「どう詠むか」は詠み師(あえて占い師ではなく詠み師というけれども)さんに委ねられていて、それぞれ異なるんですよね。


だから、私は詠み師さんがなぜそう詠んだのか?というソース(源)側の方が気になったんですよね。美しい詠み師さんが読み解く言葉が枝葉だとすると、幹に当たる部分が星詠みの基本の知識なので、それがわかると、よりその時代や自分自身の理解が深まると思って、私は星詠みの勉強を始めたのです。

 

星詠みに興味を持った私は、早速、その頃彼女が開催していた星座セミナーを受講し、いろんな知識を仕入れました。その多いこと、複雑なこと、ったら!!!

星を理解するには感覚器官も総動員する必要があるそうなのだけど、思考優位な私は頭で理解しようとして受験勉強みたいになって、撃沈した感じです。そのとき半年も習ったけど、相変わらず、私にとっては星はまだまだ遠い存在で(^_^;)

あっという間に自分のものにして使いこなしている人もいる手前、お恥ずかしいですが、そんな感じで私はごくごくゆっくり吸収しています。

 


ホロスコープを読み解くには、
12星座と組み合わさる、10天体を覚えて、
さらにそれらがどこのハウスに入っているかを読み解いていきます。

 

自分が生まれた時の天体図が基本にあって、

今現在の天体がどうなっているかによって組合わせて理解を進めていきます。

 

今現在の天体が個人個人で反応様々なのは

個人ごとに自分の生まれた瞬間のホロスコープが違うせいだそうです。


もともと生まれ持った才能や課題はあるけど、それをどのように現世で活かしたり解決したりしてきたか、していくか、によってもその人の人生は変わっていくそうです。


昨年末、プチ手相鑑定をやったら、「あんたは運を使いこなせてない!勿体ない人!」って言われました。個人のホロスコープは割と強力な星回りだそうなので、私もまだまだ、自分の強みを活かしきれていないのだろうなあ、と思います。

 

簡単には理解させてくれない、奥深く感じる世界で、そんな奥深さが惹きつけてやまないのだなあ、と感じています。


今の状況は、
生まれ変わるために必死な状況ではあるけど
進まなくてもやもやしてる感じです。

 

だから昨日の新月のお願いは

そんな私のスピード感にメスを入れてくれるようにお願いしました(^.^)

 

新月のお願いって不思議で

お願い(人任せ)してるけど、実現する(叶える)のは自分なんですよね。

意識して行動すること、

それによって方向が定まり、時の運の力に見初められて叶う、っていう。

 

そこに運の力が働くから、

やっぱり全部自分が叶えてるっていうのは驕りかもしれませんが。

 


叶えるために力を発揮する、(私)

発揮された力を活かすシーンを用意する、(取り巻く環境)

 

世の中はそんな風に、環境とも相互依存の関係があるみたいです。

 


今の強い星廻りを、活かせる自分でいたいです(^.^)♪

 

それでは、ごきげんよう。