しら月堂のいろ鳥どり

脳内整理と断捨離のため、徒然に

☆ブリューゲル展(2018.01.23→04.01/東京都美術館@上野)

ごきげんよう

 

もう2ヵ月も前(1/25)に見に行った、ブリューゲル展の振り返りを☆ 

www.ntv.co.jp

 

ブリューゲルバベルの塔の絵を見てから興味を持った画家。

 

そしたら…

一言でブリューゲルと言っていたのが、すごい画家一族に繋がる「ブリューゲル」だったということを知り…

 

f:id:shiratsuki-do:20180309144547p:plain

 

ブリューゲルの息子の流れにもパパブリューゲル系と独自お花系とあることを知り、興味深く展示を見てきました。

 

この時代の絵は、模倣した作品にも価値が見出されており、

ブリューゲルの名を広く知らしめたのはこの模倣技術の力も見逃せないもの。

 

ブリューゲルが師事した先生の作風よりも、当時人気のあったヒエロニムス・ボスの画風を好んで描いていたりする点が面白いな〜と思った。

 

それで、お土産に購入して帰ってきたのが「最後の審判」のカードと、「イカロスの墜落の情景を伴う3本マストの武装帆船」のカード♪ 

www.fashion-press.net

 

船好きで、船の絵も多かったんですって☆

 

写真OKゾーンがあったのでたくさん写真もとってきたのですが

画像データが重いので、また機会あれば、追加しまーす。

 

原画って、額装もそれぞれ丁寧に用意されてて、そこも面白いなーっと見てきました。

 

ごきげんよう