しら月堂のいろ鳥どり

脳内整理と断捨離のため、徒然に

☆クリムト展 ウィーンと日本 1900 Gustav Klimt: Vienna – Japan 1900(2019.04.23→07.10/東京都美術館@上野)

クリムト展、

一昨年ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館で堪能して来たので

別に見に行かなくてもいいかな、と思っていたけど

 

鑑賞された方の感想を読んで、

やっぱり行こう!!と思い直し、

 

またまた期間終了間際に行くことに。

(おととい行って来ました)

 

 https://klimt2019.jp/

 

結論は、行ってよかった!!

知らなかったクリムトを知れたので♪

 

会場に着いたらまたもや閉幕前の大混雑!(◎_◎;)で

一時はどうなることかと思ったけど

シルバーデーか?!と思ったけど違かったみたい…違ってあの混雑か∑(゚Д゚;))

中に入ると意外や意外、割とスムーズに流れていて

しっかり満足できる程度に鑑賞できました♪

 

稲垣吾郎氏のナレーションも落ち着いていてよかった☆

 

今回の展示で得た情報は

クリムトは7人兄弟の2番目で、

☆2人の弟(後から入学)と一緒に、博物館付属工芸学校に通っていた(だから、模様の反復とか得意になったのかも!)ということ、

☆父親とそのうちの1人の弟が時を同じくしてなくなったことが大きなショックだったこと、

☆その弟の子(姪っ子)を描いた横顔の絵が超可愛いこと、

☆その弟の奥さんの妹(エミーリエ・フレーゲ)が本命の彼女だったこと(他に何人も関係のあった女性はいて、生涯独身だった割に、子供が何人もいた!)、

☆エミーリエ・フレーゲは実業家でかっこいい女性だったこと、

☆エミーリエ・フレーゲに当てた手紙&走り書きが情熱的だったこと、

☆金縁の額縁はグスタフクリムトデザインの、ゲオルククリムト製作もあったこと、

クリムトの美しい文様は日本文化も大いに影響を与えていたこと、

☆風景画はリフレッシュのために描いていて、正方形の額縁を使うことが多かったこと(インスタ先取り?!)、

☆壁画のための下絵(制作ノート)がすごいレベルだったこと、

 

・・・そんなようなことが得られました^^

Wikiにもほとんど書いてあることだけどね♪

 

自分の中に吸収されるかどうかは

Wikiで得た知識よりやっぱり絵画展のインパクトの方が影響度が大きいなぁ!笑

 

 

確かな画力を用いて

自分が描きたいものを描くために戦った人で、

当時叩かれていた時期があったとしても

今は大人気!!ってことがよく伝わって来た。

 

確かな画力って憧れだよねえ♡

 

絵では姪っ子の絵と、「女の三時代」が残ったかなぁ。

年代によって形態を変える女性は

側で見ていてクリムトにとっても脅威だったのだろうなぁ。

(あの絵、ずっと左端はおじいちゃんだと思ってた…老婆だったのね)

 

屈折して煮え切らない男性像をクリムトに見た、気もする。

 

 

今回の展示を見て

セセッション館(分離派会館)に

今、ベートーベンフリーズが飾られていると知り、

またウィーンにも行きたいなぁと思った。

 

美術史美術館・図書館の壁画もまたちゃんと見たいし!!

 

ここ数年の展示では

まだ、ミュシャに匹敵する展示はないなぁ^^;

 

 今週、もう1つクリムトの展示を見に行く予定です☆

 

多階層世界(もっと好きな見方をする場合)

いま、自分が見ている世界が

実はいまの自分にしか見えていない世界で
自分があえて選んでこの世界を見ているのだとしたら
 
Are you HAPPY?
 
もし、今選んでいるこの世界がしっくりきていないなら、
じゃあどんな場所が気に入るかな?
  
どんな場所も時代も選べるし
どんな設定も自由自在。
なんでも選べるよ、って言われたら
 
私は
どんな世界を選ぼうか?
どんな設定を選ぶかな。笑
どんな設定だったら、満足すぎる??
 
 
消えて今はいなくなってしまった存在をまた蘇らせるか(リカバリー案)
 
はたまた
イチから新しくスタートがいいか(リセット案)
 
もしくは
過去のいろいろは置いておいて
今の延長線上に、これから作り出すものをガラリと変えることを望むか(リニューアル案)
 
 
もしも望むのなら
今すぐ違うレイヤー(層)を選んで生きてもいいのだ!!
(生まれ変わる案?! 笑)
 
っていうけど
実際、できるか?!それ。笑 
それって途中、死んでる??
 
なんでも自由に決めてOKと言われると
逆に難しくて
 
私のいまの年齢、環境、設定から
ついつい思い描いてしまう、まだ見ぬ世界。
(リニューアル案が妥当だよね・・・)
 
 
変化にもタイムラグがあるから
ハンドルを切っても
方向を変えるまで多少ゆっくりとした流れが必要っていうし〜〜
 
設定を全取っ替えするより
多少、延長線上に描いた方が
ソフトランディングできる?ってこと?
 
わからないことは相変わらず多いけど
 
4年前に思い描いた多階層世界より
少し自由になった気がする、今。
 
でもつなぎ目を探してる感覚は
まだまだあるんだよなぁ!笑
望む異世界に繋がるドアはどこ?!
 
また4年くらい経ったら、
「違う層に来ちゃってました!!」
と言っていたい。
 
なにしろ
何事にもベストなタイミングはあるのでしょう!!
 
ベストを尽くして
待つべし!!笑

<展示>没後50年 藤田嗣治展(2018.07.31→10.08/東京都美術館@上野)

 

時間の余裕がない中

さほど混雑していないという前情報の元行ってきた。

foujita2018.jp

 

行ってみたら…

混んでるじゃないか!!!…がっくり。

 

でも、やっぱりそれだけ人気ということだよね、と

気を取り直して観覧。

人の頭の隙間から、見てきた。

 

藤田嗣治という人の策略家的な発想とか

面白く拝見した。

 

 

確かな絵の技術をもって

どう、見る人の心を捉えるか、何をすれば受けるか、を

しっかり狙って、しっかりハマった(成功した)人だということがよくわかった。

 

藤田嗣治

軍人家系にも関わらず13歳の時に父親に直訴(手紙で)して

画家になることを認められ、やがてフランスに渡っている。

 

渡仏後は

フランスでどう評価を得るか、

自分の売りは何でどうアピールすれば良いかを

意識的にやることでそれがうまくハマり、

早くから評価された画家。

 

展示を見て気になったのは

「藤田」とか「嗣治」とか、漢字での署名。

 

日本人としての自分の立ち位置を忘れないため

あるいはアピールするために、意識して書いていたような気がする。

 

乳白色が賞賛される画家だが

そこに至る道も

カラフルな西洋画に対して

墨一色、あるいは白黒2色で表現する日本画

というものに対する意識から生まれたものなのだということを知った。

 

墨を使って、

面相筆で表現するなら負けない、と自負するだけの

細筆の表現が見事だと思った。

 

ところで

私がこの展示で、乳白色よりも気になったのは「ジュイ布」。

藤田嗣治は手仕事に対するリスペクトが強く、多くのジュイ布を取り寄せ、絵の中にも描いているが、

 

このジュイ布!!

 

2年前のトワル・ド・ジュイ展で取り上げられてた布の事だ!!…って、帰ってきてから気付いて!!!

 

toiledejouy.jp

ちょっと感動。

 

繊細で美しい布を、細筆を使って、とても油絵とは思えない表現で

絵の中に写し取っていた藤田嗣治

 

ジュイ布(トワル・ド・ジュイ)、50年経っても全然色褪せてないよ、って教えてあげたい( ´艸`)

 

販売されてたポストカードでジュイ布入りの絵が少なくて残念…

図録は重いし家に本が増えるのがいやだから断念。

 

 

戦争に縁のあった画家。

第二次世界大戦が終わって再びフランスに戻る頃の藤田嗣治は少し寂しそうにも見えたけど

 

すごい画家だったんだと思う。

もっと大きな作品に取り組めばよかったのにね!

 

せっかちさんだったのかなぁ?

 

 

<展示>草間彌生わが永遠の魂(22Feb2017→22May/国立新美術館@乃木坂)

kusama2017.jp

 

備忘録的に。(2017.3.9)

 

早、もう1年以上前のイベントか…

 

ミュシャ展のついでに見に行って

強烈なパワー(毒気?)に当たって

 

あぁ、こういう感じなのかーと思った展示。

 

好きか、嫌いか、で言ったら…なんだけど

エネルギー、パワーは感じた!!

 

めちゃ混みで大人気だったな〜。

グッズ売り場も、激混みでした!!

f:id:shiratsuki-do:20180808232312j:plain

f:id:shiratsuki-do:20180808232344j:plain

〈本〉あらゆる人生に奇跡を起こす不思議な物語 超常戦士ケルマデック(ケルマデック・2018年5月)

これも姉に、積ん読を察知されて読み始めた本。

 

最近は買う本を厳選しているのであまりバンバン買っていないのに

なぜか私が買った本に限って姉との会話の話題に上る。

 

読んだら貸して、と言われて、また慌てて読み始めている・・・というw

おそるべし、積ん読破壊の起爆装置(←姉)。

お・も・し・ろ・いww!! 

 

これも買う前、レビューチェックしたり

帯読んだりして厳選して買ったけど

いいチョイスだった♪

もういい加減、「魔法」とか不思議な言葉で語られる真実について

絶対あると理解して、使いこなしてもいいんじゃないかと

また改めて思わされた本。

 

この本のワークはぜひやってみようと思った。

 

地震の話も…なんかすごかった。

身代わりになれるとか、色々。

 

恐れるものはなにもなくて

本当にやりたいことだけにワクワクして生きるのが全ての人の使命なんだと

それだけが伝わって来た本。

 

いろんな暗号が来ているから、

それを精度よくキャッチするために、

エビデンスは集めていこうと思った。

 

そういえば・・・

積ん読解消のための一冊目、夢占いの本だったな…

 

シンクロだらけなんですよ、世の中は。本当にね。

 

自分の生きたい世界線へ移動するために

自分のセンサーを磨くための本って感じです。

 

スピ系大好き、中二病だったらバッチリ入ってくる本だけど

そうでない人にはどう受け取られるのか…?

(そもそも世界線が違うだろうから、この本販売されてないかも)

見た方が良いアニメのリストも参考になりました♪

半分くらいはまだみてないから見てみたい!

 

面倒臭がりなので、いつか機会があったら、見てみよう。

 

<Lists: 多次元世界認識のためのオススメのアニメ>

シュタインズ・ゲート →大好き!!

ノエイン →Unchecked

魔法少女まどか☆マギカ →絵がキレイ☆

サクラダリセット →Unchecked

ひぐらしのなく頃に →気持ち悪くて前半でギブ。

ゼーガペイン →Unchecked

☆四畳半神話体系 →Unchecked

君の名は。 →Unchecked

☆破壊魔貞光 →Unchecked

☆C →Unchecked

ソードアート・オンライン →大好き!!

ガッチャマン クラウズ →Unchecked

輪るピングドラム →Unchecked

少女革命ウテナ →Unchecked

美少女戦士セーラームーン →ベタで安心する♪

うる星やつら2 ビューティフルドリーマー →Unchecked

西尾維新 <物語>シリーズ →Unchecked

それでも町は廻っている →Unchecked

涼宮ハルヒの憂鬱 →よかった。いつから恋した?!

未来日記→途中で断念… →Unchecked

☆Re:CREATOR →Unchecked

☆orange →Unchecked

ツバサ・クロニクル →Unchecked

ケロロ軍曹 →Unchecked

 

あ…半分も見てなかった。

チェックしなきゃいけないのがいっぱいすぎ〜!!

 

それでは、この辺で。

みなさん、今日も良い一日を。

ごきげんよう

 

しら月堂

 

〈本〉人生を思い通りに操る片づけの心理法則(DaiGo・2017年)

久々に、DaiGoブームが来てます。笑

 

以前のブームは

脳みそを効率的に使う方法について書かれていた本を立ち読みしてから

突如やって来て、一時期しばらくハマってたけど…、

 

結局DaiGoのやり方って、真似っこすら難しかったみたいで^^;

いつの間にかフェードアウトしてDaiGoに疑心暗鬼すら感じていたのでした。

 

今度はテレビで密着されてた時に紹介された本。

この本は役立てられるかも?!

にわかにざわつく私。

 

片づけは永遠のテーマなのか…私の場合

かなり購買ハードルが下がりがちなテーマなので

今度こそは活かすぞ、と思って購入。

書評も割とよかったし。

 

当たり前のことが書いてあるのに

つくづく当たり前のことができてないんだな〜とか

当たり前すぎてこれが大事なんだって肝が、実際にはわかってなかったんだな〜とか

ビシビシ突き刺さる。

 

細かいHowToはまた本を読み直すとして、

捨てられない人がどうすれば捨てられるのか、魔法の質問7つを

備忘録としておこうと思う。

 

「いったん捨てたとして、これを書い直すか?」

「長期旅行に持って行きたいモノか?」

「誰かが買ってくれるとしたら売るか?」

「あの日に戻れたとして、やはりこれを買うか?」

「お金が無限にあったら、本当にこれを買うか?」

「これを何回我慢すれば、欲しいモノが買えるか?」

「3年、5年、10年経っても必要か?」

 

さて私の回答はどうかというと?

 

買い物の失敗は数知れず。

そして、手に入れたものを手放せないどケチ体質。

 

いやいや、どエコ体質。笑

 

急には変われないけど徐々に変わっていける、…はず。

 

まずは悩まずに捨てられるものも、意外にまだたくさん持ってたりするので

そういうものから捨てる練習だな。

 

必要なもの、大事なもの、好きなもの、だけに囲まれた、充実した人生。

そこにこそ、私の「いる」仕事も生まれると信じて!!

 

あと、

この本で響いた&参考になった&活かせそう♪と思ったのは、時間の使い方かな。

 

午前中が◎、午後が○、夕方〜夜は△なんだそう。

暗号、am、pm、nを使ってより大事なことは午前中の時間を割くとか。

禿同(←今更使ってみたい中二病)。納得。

 

あと、

この本でもTry&Errと蓄積の大事さを謳っていた。

実践することが何より大事、実践したら検証・レビューも大事、

レビューに応じて次の行動に活かすのがさらに大事。

 

本当に、当たり前のことなんだけど出来てないからグッとくる。^^;

 

それから、

DaiGoが読書の時間を何より大事にしていると言っていたのが意外だった。

 

読書って、時間を取らないと出来ないけど、

こんなに忙しい人が、敢えて時間を取ってまで実行している、その大事さを

改めて感じた気がした。

 

本は発売から5年も経ったら情報としては古すぎて、古典以外は無駄、というDaiGoの情報感覚にも衝撃を受けた。

わかってはいるけど…うちの積ん読…(全部無駄…?!(゚Д゚))

 

無駄かもしれないけど

このまま捨てるには忍びないから(ドケチ…いや、エコだから)、

大慌てで読んで、断捨離しなくっちゃと焦っている。

 

いや、焦ってない。

 

ぼちぼち減らしてくぞ〜

知識は積み重ねるぞ〜と思っている。

 

 

実はこの本も積ん読にされかかってたんだよね…←私って。汗

 

姉がこの本の話題を聞きつけてきて、持っていると言ったら

「貸して!!」と言われ、急遽貸すために急いで読んだ、という…苦笑

 

姉は私に本を読ませる起爆装置も持っているのです^^

ありがたや。

 

それでは、この辺で。

みなさん、今日も良い一日を。

ごきげんよう

 

しら月堂

 

〈本〉メメント・モリ(藤原新也・2008年)

図書館から借りて来た本。

 

過去の恩人が好きな本と言っていて

呪文みたいなタイトルが気になって読んでみた。

 

また、ここにも「死」があった。

 

分厚い、しっかりした本だったから

さぞや文章が多くて読みにくい本なのだろうと構えて開いたが

大きな文字でバンバンと書かれた内容と印象的な写真で構成された本だった。

 

「ちょっとそこのあんた、顔がないですよ」

 

そんな一文から始まって…

なんだ、このデジャビュ感…と、ドキリとした。

 

この間読んだ、「自分をいかして生きる」だ、と思った。

今やっているその仕事に、「自分」が存在しているかどうかを突きつけられた本。

 

呪文みたい、と思った「MEMENTO-MORI」とは

ペストが蔓延り、生が刹那、享楽的になった中世末期のヨーロッパで盛んに使われたラテン語の宗教用語なのだそう。

 

Wikiには、

ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句。「死を記憶せよ」「死を想え」などと訳され、芸術作品のモティーフとして広く使われる。」

…とあった。

 

この頃みているアニメにも出て来て、ちょっとシンクロを感じた。

私の周りの世界は、この頃ずっと、私に死を意識させようとしている。

 

この本でもう一つのデジャビュ感はこの一文。

 

「ひとがつくったもので、

 ひとがこもらないものは、寒い」

 

この言葉が響くということは

「自分のいる仕事、自分のいる創作物。」

私はそれを創らなければいけないし、創りたいのだろうなぁ、と重ねて思った。

 

雑に生きてきた時間が長くて、今まであちこちに置いてけぼりにしてきたものを

拾い集めている今日この頃。

 

今日はまだ

(自分は)死なない、

(自分の大事な人に)死なれない

と過信しているけど、それは過信だと、本当は知っている。

 

今すぐ、ここから、大事に生きよう。

今まで通り、かもしれないし

今こそ、かもしれないけど

とにかく、今を生きている楽しみのために生きよう。

 

 

それでは、この辺で。

みなさん、今日も良い一日を。

ごきげんよう

 

しら月堂