しら月堂のいろ鳥どり

脳内整理と断捨離のため、徒然に

知らない面と共通点

ごきげんよう

いろ鳥どり、しら月堂です。

 

今日は、会社から有休をいただき、気になっていたマグリット展に行ってきた♪

 
鳥のシルエットに青空と白い雲が映える絵で有名なマグリット
なんていうか、こういう絵のイメージって教科書の影響が強いのかな、って今日は考えさせられた。
 
マグリットには実は、もっと、知らなかったいろんな顔があって、今日はその知らなかった一面をいっぱい見てきた感じ。
 
フランスに認められようとして違う作風もあるんだよアピールの時代もあったとか。
雑な軽いタッチの絵とか、鳥をムシャムシャ食べてる女の子の絵とか、グロいのもあった。彼の奥さんにも不評で、この作風はやめて元に戻した、なんて知らなかったからウケた!(奥さんナイスアドバイスw 私もこの時代の画風は好きになれないわ〜!)
 
商業デザイナーだった経歴もあるせいなのか、なんていうか、夢見がちな絵と見せかけて、実は緻密に計算され尽くした絵画群なのかな、と感じた。
 
顔の見えない恋人達を描くに至った心の闇とか、アリスを愛読していたという未知なる世界への憧れ、確かな自分だけの心象世界の存在とか、ある切り取り得る世界の確かさ、不確かさを目の前に差し出される感じを受ける作風。
 
なにか、もやもやとして自分だけに見えている世界を切り出したいって気持ちがなんかわかる気がした。
 
現実とは別にして、心にある美を描き出す、産み出す能力ってやっぱり素敵だなと思った。
 
あとこの人は、グラフィックデザイナーをやらせたらすごく面白い発想をしたのではないかな、と思う。
現代のグラフィックデザイナーに、そろそろ生まれ変わってないかな(^^)
 
オーディオガイドに使用されてた音楽も素敵で、満足の展示だった!

 

 

それでは、この辺で。

ごきげんよう