しら月堂のいろ鳥どり

脳内整理と断捨離のため、徒然に

ごきげんよう

ごきげんよう

 

書きたいことが沢山頭の中をぐるぐるするけど

書く指が追いついてない

 

だからこれはもう、2〜3週間も前のことになるけど

またドラマの話。

 

今やっている、「花子とアン」(2014年上期)の再放送を夢中になって見ていて

(時に号泣しつつ…)

 

また、素敵な言葉に出会いました。

再放送なので、前もすでに見ているんですけどね^^

いいストーリーは、何回でも感動してしまいます♪

 

「ラジオのおばさん」になった花子が、ラジオ番組の最後に「ごきげんよう」という挨拶を一言付け加えたい、と申し出た際に、「ごきげんようが似合う人間と似合わない人間がいるんですよ」と言った局長に反論する花子のことば。

 

花子「そうでしょうか。

ごきげんようは様々な祈りが込められた言葉だと思います。」

 

局長「祈り?」

 

花子「どうかお健やかに、お幸せにお暮らしください、

という祈りです。

 

人生はうまく行くときばかりではなりません。

 

病気になることもあるし

何をやってもうまくいかない時もあります。

 

健康な子も

病気の子も

大人達も

どうか 全ての人たちが

 

明日も元気に無事に放送を聞けますように

という祈りを込めて

番組を終わらせたいのです。

 

どうかお願いします」

 

この時、たまたまそのやりとりを聞いていた妹・桃は、大変な経験を強いられ、すっかり花子に心を閉ざしていた状態。

 

でも、姉・花子の言葉に込めた思いを知り、

それから放送を聞くことで、

花子の言葉が魔法のように、桃の心に沁み込んでいきます。

 

言葉の持つ力を信じて使う人と、

言葉の持つ魔法に癒される人の登場する、とってもいいシーン。

 

あぁ、そうだ、

ごきげんよう、の言葉はそんな風に使いたくて、

私もブログで使っていたな、なんて少し嬉しくなったり。

 

言葉は、

目に見えないし、

限定された状態で

完全な意味も伝わりにくいかもしれないけど

 

音に乗って遠くに届けたり

文字に乗って時代を超えたり

 

こんな風に時に魔法も起こせるんだって

 

言葉の持つ力を信じて

これからも丁寧に使いたいと改めて思い出させてくれた、いい回でした。

 

 

言葉の使い方は生き方にも通じて、

そんな風に祈りを込めて、私も日々を送っています。

 

私自身が私自身の人生を丁寧に楽しく有意義に送れますように。

 

そして私ではない他の全ての人も、

全ての人それぞれの人生を丁寧に楽しく有意義に送れますように。

 

 

ごきげんよう、さようなら^^